• ホーム
  • 支援のご案内
  • かけはしの運営団体
  • 情報公開
  • 企業・事業所の方へ
  • 最新ニュース
  • ネットワーク・リンク集

2019年01月

2018年12月
12/17
12/17

2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2007年12月
2007年10月
2007年09月
2007年08月

 

ふりがなをけす

2018/12/17

しょうがいしゃ就労しゅうろうかんがえるつどい 2018 『えにくいニーズをえるするには 〜えにくいニーズのあるしょうがいへの理解りかい合理的配慮ごうりてきはいりょすすめていくために〜』 のご報告ほうこく

 

しょうがいしゃ就労しゅうろうかんがえるつどい 2018
えにくいニーズをえるするには
えにくいニーズのあるしょうがいへの理解りかい合理的配慮ごうりてきはいりょすすめていくために〜』
のご報告ほうこく

 10がつ31にちすい)、三鷹市みたかし武蔵野市むさしのし・ハローワーク三鷹みたかの3しょ合同開催ごうどうかいさいで「しょうがいしゃ就労しゅうろうかんがえるつどい2018」を武蔵野むさしのスイングホール・レインボーサロンにて開催かいさいしました。今回こんかいで11回目かいめになります。

今年度こんねんどから民間企業みんかんきぎょう障害者雇用率しょうがいしゃこようりつが2.2ぱーせんとげられ、精神せいしんしょうがいしゃ雇用義務化こようぎむかとなり、しょうがいしゃ全体ぜんたい雇用こよう促進そくしんされているところです。しかし、周囲しゅういからは支援しえん配慮はいりょかかわるニーズがえにくいといわれる精神せいしんしょうがい、発達はったつしょうがい、高次脳機能こうじのうきのうしょうがいや内部ないぶしょうがいのある方々かたがた雇用こようは、なかなかすすみづらい状況じょうきょうがあります。えにくいニーズをえるするプロセスが不可欠ふかけつかんがえられます。
そこで、今年度こんねんどのつどいでは、最近さいきん状況じょうきょう理解りかいしたうえで、えにくいニーズのえる企業きぎょうむべきポイント、当事者とうじしゃ支援者しえんしゃ準備じゅんびできることなどについて、報告ほうこくおよびディスカッションをつうじて理解りかいふかめることとしました。

開会かいかいにあたり、三鷹市長みたかしちょう武蔵野市長むさしのしちょうよりご挨拶あいさつをいただきました。三鷹市みたかし清原慶子きよはらけいこ市長しちょうからは、しょうがいしゃ就労しゅうろうしょうがいしゃ自身じしん職業しょくぎょうとおして自己実現じこじつげんできることが重要じゅうようであり、そのために企業きぎょう地域ちいき自治体じちたいがパートナーシップを形成けいせいすること、しょうがいしゃ雇用こようりょうよりもしつ重視じゅうしすべき転換期てんかんきであること、合理的配慮ごうりてきはいりょ具体化ぐたいかするためのえる過程かてい大事だいじであること、しょうがいしゃ雇用こよう推進すいしんによって人間にんげんはたらきやすい職場しょくばについてかんがえるちからになること、とのおはなしがありました。
武蔵野市むさしのしからは健康福祉部長けんこうふくしぶちょうより松下玲子まつしたれいこ市長しちょうのメッセージを代読だいどくいただきました。市役所実習しやくしょじっしゅうみはしょうがいしゃ実際じっさい職場しょくば就労しゅうろう経験けいけんとして役立やくだっていること、える課題かだいのある発達はったつしょうがい、高次脳機能こうじのうきのうしょうがいについては生活支援せいかつしえん就労支援しゅうろうしえん連携れんけい重要じゅうようであること、しょうがいをふく多様たよう方々かたがたへの理解りかいすすむことでだれもがきできる職場しょくばづくり、地域ちいきづくりにつながる、とのおはなしがありました。

行政報告ぎょうせいほうこく最近さいきん障害者雇用しょうがいしゃこよう動向どうこうについて」
ハローワーク三鷹みたか 雇用指導官こようしどうかん 田中たなか 幸彦ゆきひこ
 障害者しょうがいしゃ雇用状況こようじょうきょうについては、昨年度さくねんど法定雇用率ほうていこようりつ達成たっせい企業割合きぎょうわりあい全国ぜんこくが50.0ぱーせんとくらべて東京とうきょうは34.1ぱーせんとひくくなっており、東京とうきょうでは従業員数じゅうぎょういんすう1000にん未満みまん企業きぎょうでの雇用こよう促進そくしん課題かだいとなっているとのことです。東京とうきょう新規就職件数しんきしゅうしょくけんすうでは精神障害者せいしんしょうがいしゃ増加率ぞうかりつたかく、今後こんごもこの傾向けいこうつづいていく見通みとおしのなかで、ハローワークでは「精神せいしん発達はったつ障害者しょうがいしゃしごとサポーター養成講座ようせいこうざ」を開催かいさいしており、えにくいニーズをえるする基礎知識きそちしき職場しょくばでの配慮点はいりょてん企業きぎょう方々かたがたまな機会きかいもうけていると紹介しょうかいがありました。

基調報告きちょうほうこく@「えにくいニーズをえるできる企業きぎょうとは」
東京障害者職業とうきょうしょうがいしゃしょくぎょうセンター多摩支所たまししょ 主任職業しゅにんしょくぎょうカウンセラー 井上いのうえ りょう
 近年きんねんしょうがいしゃ雇用こよう対象たいしょう対応たいおう多様たようになっているなかで、しょうがいしゃかかえるこまかん職場しょくばたいするえにくいニーズにはや対応たいおうすること、えるすること、が重要じゅうようになっています。える実現じつげんのために、しょうがいの理解りかい、コミュニケーション、連携れんけい雇用方針こようほうしん明確化めいかくか変化へんかをとらえる、の5つのポイントが示されました。しょうがいの理解りかいについては、しょうがいについて「っているレベル」から「かかわれるレベル」にある従業員じゅうぎょういんやすことが重要じゅうようとされました。コミュニケーションについては、面談めんだん日誌にっしなどの手段しゅだんによってしょうがいしゃから「くこと」とはたらであるしょうがいしゃに「つたえること」の両者りょうしゃをバランスよくおこなうことが重要じゅうようとのことでした。連携れんけい職場内しょくばない連携れんけい職場担当者しょくばたんとうしゃ上司じょうし人事担当者じんじたんとうしゃなど)と職場外しょくばがい連携れんけい(ハローワーク、就労しゅうろう支援機関しえんきかん医療機関いりょういかんなど)によって支援体制しえんたいせい強化きょうかすること、雇用方針こようほうしん明確化めいかくか企業きぎょうこたえられるニーズを明確めいかくにして雇用方針こようほうしん共有きょうゆうすることが重要じゅうようであること、変化へんかをとらえるについては時間じかんとともに企業きぎょうしょうがいしゃ変化へんかすることを前提ぜんてい対応たいおう検討けんとうする必要ひつようがあること、とのおはなししがありました。

基調報告きちょうほうこくA「自分の困りごとをえるするポイントとは」
ハローワーク三鷹みたか 専門援助部門せんもんえんじょぶもん 精神障害者雇用せいしんしょうがいしゃこようトータルサポーター 島津しまづ 奈津美なつみ
 ハローワークの専門援助窓口せんもんえんじょまどぐちにて面談めんだんおこなっている経験けいけんから、しょうがいはおなじでも状況じょうきょうには各々おのおのちがいがあるため、しょうがいしゃ全員せんいん共通きょうつうする配慮事項はいりょじこうはなく、しょうがいしゃ各々おのおの個別こべつ事情じじょう確認かくにんしながら一緒いっしょかんがえていくことが重要じゅうようになる、とのことです。確認かくにんのポイントとしては、日中活動にっちゅうかつどう安定度あんていど、コミュニケーションのスタイル、自分じぶんはなぜはたらきたいか、医療機関いりょうきかん活用かつよう体調たいちょうのコントロール)の4つのポイントがしめされました。日中活動にっちゅうかつどう安定度あんていど起床時間きしょうじかん日中にっちゅう眠気ねむけ活動かつどうでのつか具合ぐあいなどからはかることが必要ひつようであること、コミュニケーションのスタイルは苦手にがて状況じょうきょうかんかた自分自身じぶんじしん特徴とくちょうととらえることでスタイルをえるして職場しょくばつたえることができ、自分じぶんでも対処方法たいしょほうほうかんがえておくとよいこと、との説明せつめいがありました。また、自分じぶんはなぜはたらきたいかをかんがえることははたら希望きぼう目的もくてき明確めいかくにでき、いままでの仕事探しごとさがしの仕方しかた見直みなおすことができること、医療機関いりょうきかん活用かつよう体調たいちょうのコントロールを主体的しゅたいてきおこなうために必要ひつようになること、とのことでした。これらのポイントから自分じぶんこまりごとを確認かくにんすることで、企業きぎょう支援機関しえんきかん相談そうだんするきっかけがつかり、おたがいの理解りかいふかめるがかりとなる、とおはなししされました。

【パネルディスカッション】
 1.実践報告じっせんほうこく
オリンパス株式会社かぶしきがいしゃ 人事部じんじぶダイバーシティ推進すいしんグループ 課長かちょう 龍田たつた 久美くみ
   オリンパスのしょうがいしゃ雇用こようみは、特例子会社とくれいこがいしゃ(オリンパスサポートメイト株式会社かぶしきがいしゃ)だけでなく本社ほんしゃでの採用さいようすすめており、多様たよう能力のうりょく特性とくせいったしょうがいしゃたいして多様たよう職場しょくば業務内容ぎょうむないよう開拓かいたくするようにしているとのことです。人事部じんじぶ本人ほんにんだけでなく職場しょくば管理職かんりしょく支援しえんおこなっており、本人ほんにんには丁寧ていねい業務ぎょうむマッチングを基本きほん個別こべつ合理的配慮ごうりてきはいりょ面談めんだんなどの支援しえんおこない、管理職かんりしょくにはしょうがいしゃむけ業務ぎょうむ開拓かいたく個別面談こべつめんだん研修けんしゅうなどの支援しえんおこなっている、とのことでした。もとめる人材じんざいは、しょうがいのあるなしにかかわらず「自分じぶんかんがえ、主体的しゅたいてきうごき、最後さいごまでやりひと」で、採用時さいようじには「ひとはなし素直すなおける人柄ひとがらか」「しょうがい特性とくせい自己認知じこにんちし、れができているか」などをポイントとしているそうです。精神せいしんしょうがいのかた一緒いっしょはたら工夫くふうとしては、特性とくせいをよくるために支援機関しえんきかんとの面談めんせつ定期的ていきてきおこなうこと、業務ぎょうむ依頼いらいはメールや文章ぶんしょうおこないおたがいに確認かくにんできるようにすること、かったてんはほめて、わるてん理由りゆうとともにつたえること、たまには雑談ざつだんによる小休止しょうきゅうし大事だいじであること、などと報告ほうこくがありました。

指定発言していはつげん質問しつもん
   @三鷹市みたかしから:就労移行支援事業所しゅうろういこうしえんじぎょうしょワークショップハーモニーの利用者りようしゃかたからの報告ほうこく
     前職ぜんしょくしょうがいをクローズにしてはたらきましたが、気軽きがる勤務交代きんむこうたいたのまれ、結果的けっかてき勤務日数きんむにっすうえてしまったのがこまりました。先日せんじつ職場体験実習しょくばたいけんじっしゅうきましたが、事前面談じぜんめんだん配慮事項はいりょじこうについて「わかりやすく説明せつめいしてほしい」「実習時間じっしゅうじかんみじかめに設定せっていしてほしい」とつたえることができてよかったです。実習中じっしゅうちゅはわかりやすい説明せつめいけ、時間じかんみじかくしてもらうことができ、会社かいしゃから丁寧ていねい仕事しごとができたとの評価ひょうかけて自信じしんきました。今後こんごは、挨拶あいさつ報告ほうこく連絡れんらく相談そうだんけ、安心あんしんして仕事しごとまかされるように、就労しゅうろうけて頑張がんばりたいです。
   
   A武蔵野市むさしのしから:就労移行支援事業所しゅうろういこうしえんじぎょうしょジョブアシストいんくるの利用者りようしゃかたからの質問しつもん
     様々さまざましょうがいをもったかたはたら企業きぎょうでは、採用さいようされたしょうがいしゃかた企業内きぎょうない自分じぶんとはちがしょうがいをったかたと、どうせっするかをまな機会きかい必要ひつようおもいますが、そのような配慮はいりょはどのように企業内きぎょうないもうけられているのでしょうか。

【ディスカッション】  
進行しんこうは、井上氏いのうえしにおねがいしました。
まず、Aの質問しつもんたいして龍田氏たつたしからは、おなしょうがいのかた同士どうし日常的にちじょうてきにコミュニケーションをとっていることはあり、コミュニケーションをりやすいような橋渡はしわたしをすることがあること、ちがしょうがいのかた同士どうしでうまくいかないことには対応たいおうをしていること、ちがしょうがいのかた同士どうしがおたがいの理解りかいふかめる研修けんしゅう必要性ひつようせいかんじていること、とおこたえいただきました。また進行しんこう井上氏いのうえしからは、「企業きぎょうからはしょうがいのあるかたけにしょうがい特性とくせいについての説明せつめいもとめられることがあり、この質問しつもん重要じゅうよう視点してんであるとおもいます。」と説明せつめいいただきました。
その事前質問じぜんしつもん井上氏いのうえしからの質問しつもん演者えんじゃ皆様みなさまにおこたえいただき、「しょうがいしゃはたらきやすい企業きぎょう見極みきわかたとは」「企業内きぎょうないこるトラブルや対処方法たいしょほうほうとは」「配慮事項はいりょじこうをまとめる必要性ひつようせい理解りかいしてもらうには」などについて、まなぶことができました。

 最後さいごに、ハローワーク三鷹みたか須藤正雄すどうまさお所長しょちょうより閉会へいかいのご挨拶あいさつをいただきました。しょうがいしゃ雇用こよう促進そくしんされていますが、まだおおくのしょうがいしゃはたらくことを希望きぼうしています。多様たよう能力のうりょく発揮はっきしてもらうために、ハローワークも当事者とうじしゃ支援者しえんしゃ企業きぎょう行政ぎょうせいなど、参加者さんかしゃ皆様みなさまたずさえてんでいきたいとおもいます、とおはなししいただきました。


 当日とうじつは147めい方々かたがたにおしいただき、開催かいさいにあたってはおおくの方々かたがたにご協力きょうりょくたまわり、こころから感謝かんしゃもうげます。また、ご後援こうえんをいただいた武蔵野商工会議所様むさしのしょうこうかいぎしょさま三鷹商工会様みたかしょうこうかいさま
 、武蔵野市民社会福祉協議会様むさしのしみんしゃかいふくしきょうぎかいさま三鷹市社会福祉協議会様みたかししゃかいふくしきょうぎかいさまには広報活動こうほうかつどうにもご協力きょうりょくいただき、まことにありがとうございました。

 参加さんかした皆様みなさまからはアンケートのご回答かいとうをたくさんいただきましたので、ご意見いけん参考さんこう来年らいねん期待きたいこたえられるような「しょうがいしゃ就労しゅうろうかんがえるつどい」を企画きかくしたいとおもいます。

写真1

写真2


(写真はクリックすると拡大表示します。)