• ホーム
  • 支援のご案内
  • かけはしの運営団体
  • 情報公開
  • 企業・事業所の方へ
  • 最新ニュース
  • リンク集

2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月

2008年12月
12/16
12/ 5
12/ 5

2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2007年12月
2007年10月
2007年09月
2007年08月

 

ふりがなをふる

2008/12/16

12/4就労支援学習会「ジョブコーチについて学ぶ」開催レポート

 

今年度かけはしでは、障がいのある方への就労支援について、三鷹市内の関係機関の職員の皆様とともに学ぶ学習会を企画しました。
今年度のテーマは「ジョブコーチについて学ぶ」で、ジョブコーチネットワーク実行委員の小松邦明氏を講師にお招きして、4回実施することになりました。
去る12月4日(木)に、第1回目を実施しましたのでご報告いたします。

第1回目は、師走の夕方6時30分からの開始にもかかわらず、16名の方々にご参加いただき、障がい者雇用を取り巻く状況とジョブコーチの支援のプロセスや役割を学びました。
講師の先生の豊富なご経験や事例、企業の方からの生の声をご紹介いただきながらのレクチャーは大変わかりやすく、ジョブコーチの存在によって障がい者への就労支援が変化し、支援の対象となる障がい者の範囲が拡大していることが理解できました。2回目以降は、グループワークやロールプレイを実施していく予定です。

第1回目に参加いただいた皆様のご感想です。
・具体的な例を挙げての講義で、参考になった。
・わかりやすかった。一般就労に向けてのチャレンジ精神がすごいと思った。
・施設の中にいると、利用者の方にいざ「働きたい」と言われても、企業の現状が分からない。今回現場の声を聞くことが出来たので、今後の支援の参考にしたい。
・「あたって砕ける」は、難しいが、やっていきたい。
・「相手を知る」ことの大切さを学んだ。福祉だけでなく企業のことを勉強するのが企業に対してのエチケットということがわかった。勉強になった。
・ジョブコーチの内容が少し分かった気がする。職場のアセスメントの仕方が勉強になった。
・ジョブコーチについて学ぶのは初めてだった。ジョブコーチは、フットワークが大事だと思った。ジョブコーチが身をもって体験することの大切さが分かった。
・楽しかった。ジョブコーチになりたいと思った。
・施設で作業を指導する立場として、利用者のできること、好きなことを見つけていきたい。少しずつでも企業の方とつながることをしていきたい。精神障がいの方が働くところとしてどういうところがあるか気になった。
・「ドラえもん」を例に挙げてのジョブコーチの説明が一番印象に残った。ご本人の障がい特性についての伝え方をわかりやすくする工夫をしていきたい。
・ジョブコーチについての説明がわかりやすかった。ご本人の障がい特性の伝え方が参考になった。生活支援の場面でも役に立つと思った。
・ジョブコーチという言葉を聞いたのは初めて。さわりだけでも知ることができてよかった。職場のアセスメントについて、ジョブコーチ自身が体験してみるというやり方に「なるほど」と思った
・とてもわかりやすかった。ジョブコーチの仕事の内容がイメージできてよかった。企業の方のコメントにあったように、「支援者のエチケット」が問われると思った。
・大変参考になった。職場での職員指導にも役立つ内容だった。「人材」を「人財」と書き、「人の宝」と考えているが、障がい者も「人の宝」となると思った。
・ジョブコーチの役割が明確で、わかりやすかった。本人の力を生かす、引き出す視点は「エンパワメント」によく似ていると感じた。次回からの講座の中で、言語障がいがあり、身体的にも介護の必要な人がどのように一般の会社で働く可能性があるか知りたい。

写真1

写真2


(写真はクリックすると拡大表示します。)

ふりがなをふる

2008/12/05

パソコン教室「はじめの一歩 ワードにチャレンジ!!」

 

 11月25日(火)〜11月28日(木)の4日間、かけはしにてパソコン教室「はじめの一歩 ワードにチャレンジ!!」を開催しました。ノーサイド教育センターの先生のご指導の下、7名の方がプログラムに参加されました。パソコンの電源の入れ方から始まり、年賀状への画像貼り付けまで、4日間、いろいろなパソコンの操作方法を楽しく学習することができました。各回のプログラムの内容を簡単にご紹介します。

第1回 11月25日 「パソコンの操作に慣れよう!」
オリエンテーション、自己紹介の後、前半はパソコンの電源を入れ、クリック、ダブルクリック、ドラッグといったマウスの使い方を練習しました。後半は麻雀パイを使ったゲームに挑戦。ゲームを楽しみながら、自然にクリックやドラッグといったマウス操作を練習できました。パソコン操作が初めての方も楽しくプログラムに参加できました。

第2回 11月26日日「いろんな文字入力のやり方を知ろう!」
前半は、ワードの開き方から始まり、かな入力、ローマ字入力のやり方を教えていただき、単語の入力をしました。カタカナの入力や、濁点の入力などわからないことをひとつずつていねいに確認しながら進めていきました。前日に比べ、パソコン画面に向かう時間も長く、参加された方々もお疲れになったご様子でした。休憩時間には講師の先生とともにストレッチをし、リフレッシュし、後半は文章入力に挑戦。文節の区切り方や、漢字変換のやり方などを練習しました。

第3回 11月27日 「文章を入力してみよう!」
 いよいよプログラムも後半に入り、オリジナルの文章作りに挑戦しました。履歴書に添える「添え状」を作るために、郵便番号を入力し住所を呼び出したり、文字の大きさや配置を変えたりなど、ワードのいろいろな機能を使いました。またご自分で作った文章を名前をつけて保存する操作もやりました。

第4回 11月28日「オリジナルの作品を作ってみよう!」
 最終日は、前日作った「添え状」を印刷しました。みなさんそれぞれオリジナルの添え状が完成。そのあとは季節に合わせ「年賀状」を作成しました。実際文章が入力された年賀状に画像を貼り付ける作業を行いました。質問の時間では「電源の入れ方、切り方の確認」「画像の貼り付け方の確認」などの質問があり、再度やり方を練習しました。最後に、講師の先生からはクリスマスカードを、かけはしからは先生とスタッフのコメントの入った修了書をみなさんにお渡しました。

 教室の様子や先生からのクリスマスカードは写真で、皆さんの作つく-->られた添え状のお手本はPDFファイルでご覧いただけます。

 お手本→ http://kakehashi.gr.jp/pdf/20081205_soejou.pdf

 最後に皆様からの感想をご紹介します。

・はじめてだったが、電源の入れ方や切り方、印刷のしかたなど、いろいろ参考になりました。
・別のところで習ったときは、途中からの参加でついていくのがやっとだった。今回は少しずつわかってきた。
・来たときは何をやるのかと思っていたが、電源の入れ方からスタートし、基本中の基本がわかってよかった。文字入力のやり方も参考になった。すごく勉強になった。
・長い間パソコンは使っていたが、1人でやっていて、わからないことはサポートセンターに聞いて対応していたが、サポートセンターの方に遠慮することもあった。今回はわかりやすかった。
・パソコンを習うのははじめてで、最初はぜんぜんわからなかった。スイッチの入れ方や切り方など、基本的なことがわかった。
・「基本のき」から教えていただいてよかった。電源の切り方を知らなくて、困っていたのでわかってよかった
・基本はわかっていたが、応用を教わることができた(郵便番号から住所がわかるなど)。また一から教わりたい。早いうちに次の機会があるといい。

皆様の感想を次回のパソコン教室に生かしたいと思います。
最後に、楽しくかつわかりやすくご指導くださいました、ノーサイド教育センター講師の皆様、また熱心に取り組んでくださった参加者の皆様、ありがとうございました。

写真1

写真2


(写真はクリックすると拡大表示します。)

ふりがなをふる

2008/12/05

かけはし 2008年11月のご報告

 

かけはし 2008年11月のご報告(2008年11月30日現在)

1.ご登録者以外のご相談の延べ件数  58件

ご本人 23件   ご家族 7件    企業 3件  関係機関 25件

2.ご登録者
 1)ご新規   6名(知的障がい 3名  精神障がい  2名 身体障がい  1名)
 2)総数   89名
  (1)障がい種別の内訳:身体障がい 16名 知的障がい 29名  精神障がい 50名  
※うち重複 6名
  (2)支援段階別の内訳:就職準備支援 38名  求職活動支援 16名  職場定着支援 35名
 3)支援内容別件数
  (1)職業相談  75件
  (2)就職準備支援 10件
    情報収集 10件
    職場見学 0件
    職場実習 0件

  (3)求職活動支援 40件
    情報提供 21件
    情報収集(ハローワーク同行含む 13件
    面接同行 4件
    職場見学 2件
    職場実習 0件

  (4)職場定着支援 6件
    職場訪問(調整含む) 6件

  (5) 離職支援 0件

  (6) 生活支援 105件

3.職場開拓(事業所訪問等含む) 4件

4. 関係機関への求人情報提供 3回

5.かけはし主催プログラム
*夕食会(11月19日)
高校新卒の方を中心にお知らせを配布し開催。登録者4名の方にご参加いただきました。
*パソコン教室(11月25〜28日
7名の方の参加がありました。詳しくは「最新ニュース」でお知らせします。

6.新規就職者( 2名    2008年度累計 14名)
 (1)飲食業・調理・フルタイム(1日8時間・週5日)
 (2)卸売・小売業・商品加工・パートタイム(1日6時間・週3日)