• ホーム
  • 支援のご案内
  • かけはしの運営団体
  • 情報公開
  • 企業・事業所の方へ
  • 最新ニュース
  • リンク集

2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月

2011年12月
12/14
12/14
12/14

2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2007年12月
2007年10月
2007年09月
2007年08月

 

ふりがなをふる

2011/12/14

かけはし 2011年11月のご報告(2011年11月30日現在)

 

かけはし 2011年11月のご報告(2011年11月30日現在)
1.ご登録者以外のご相談の延べ件数  30件

ご本人 16件   ご家族 1件    企業 0件  関係機関 13件

2.ご登録者
 1)ご新規  2名
  (精神障がい 0名 知的障がい 0名 身体障がい 2名  )
 2)総数   189名
  (1)障がい種別の内訳:精神障がい 91名 知的障がい 59名 身体障がい 26名  
※重複 15名
  (2)支援段階別の内訳:就職準備支援 91名  求職活動支援 19名  職場定着支援 81名

 3)支援内容別件数
  (1)職業相談  198件
    求職前39件
    求職中14件
    職場定着145件
  (2)就職準備支援(求職前) 89件
    情報収集・アセスメント 25件
    情報提供 7件
    他機関同行・訪問 6件
    職業準備性向上のためのプログラム 0件
    職場見学 0件
    その他(連絡・調整等) 51件
  (3)求職活動支援(求職中) 15件
    求人情報提供・収集(ハローワーク同行含む) 1件
    面接同行 0件
    職場見学 0件
    その他(連絡・調整等) 14件
  (4)職場開拓 0件
  (5)職場実習 0件
    体験のため 0件
    就労のため 0件
  (6)職場定着支援 82件
    職場訪問 22件
    その他(連絡・調整等) 60件
  (7)離職支援 3件
    相談 1件
    その他(連絡・調整) 2件

  (8)生活支援 85件

3. 関係機関への求人情報提供12回

4.かけはし主催プログラム

*障がい者の就労を考えるつどい(11月11日)
 120名の方にご参加いただきました。詳しくは最新ニュースをご覧ください。→ http://kakehashi.gr.jp/news.php?y=2011&m=12&id=1323840974

*夕食会(11月18日)
 登録者11名の方にご参加いただきました。

*第2回コミュニケーションスキル講座(11月28日)
 21名の方にご参加いただきました。詳しくは最新ニュースをご覧ください。→ http://kakehashi.gr.jp/news.php?y=2011&m=12&id=1323843049


5.新規就職者( 2名    2011年度累計 10名)
(1)製造業・軽作業(1日8時間・週5日)
(2)不動産業・事務(1日7時間・週5日)

ふりがなをふる

2011/12/14

「障がい者の就労を考えるつどい2011 就労へのチャレンジは続く〜これまで、そしてこれから〜」のご報告

 

「障がい者の就労を考えるつどい2011 就労へのチャレンジは続く〜これまで、そしてこれから〜」のご報告

 11月11日(金)、三鷹市・武蔵野市・ハローワーク三鷹の3所合同開催で「障がい者の就労を考えるつどい2011 就労へのチャレンジは続く〜これまで、そしてこれから〜」を三鷹産業プラザにて行いました。合同開催は今年で4回目になります。
今回のつどいは、三鷹市障がい者就労支援センターかけはしと武蔵野市障害者就労支援センターあいるが5年目を迎えたため、障がい者の就労について近年の変化を振り返り、これからの動向を理解することによって、今後も続く就労へのチャレンジに活かすことをテーマにしました。

開会にあたり、武蔵野市邑上守正市長からは、武蔵野市の障害者計画のなかで自立支援、就労支援は大きなキーワードであり、市の様々な取り組みの中で市役所も障がい者の実習の場、雇用の場として考えていくべきと市役所での実習を行っているが、今後は本格的な雇用につながればと思っているとのお話をいただきました。
三鷹市からは、津端修副市長からごあいさつと公務のため欠席の清原慶子市長からのメッセージをご代読いただきました。
(メッセージはこちら→http://kakehashi.gr.jp/pdf/20111214_mitakashichou.pdf )
講演の一番目には、ハローワーク三鷹雇用指導官の伊藤美輝氏より「障がい者雇用の現状について」というテーマで、民間企業での障がい者の雇用が増加していること、障がい者の新規求職申し込みと新規就職者については精神障がい者の増加が顕著であるという現状が報告されました。また、障がい者雇用が進んできた企業側の要因としては企業の社会的責任(CSR)や法令順守(コンプライアンス)、障害者雇用への意識の高まりなど、障がい者側の要因としては当事者の働きたいという意欲の高まりと障害者自立支援法による就労支援の充実、ハローワーク側の要因としては就職件数の目標設定やトライアル雇用の活用、関係機関との連携が挙げられました。今後の推進には関係機関とのチーム支援と、雇用経験のない企業への支援や中小企業に対する雇用促進が重要であると説明いただきました。

二番目は、埼玉県立大学保健医療福祉学部教授朝日雅也氏より「障がい者雇用及び支援の10年間の変化とこれから」というテーマで、まず障害者雇用対策基本方針の10年間の変遷など政策上の変化を説明いただいた後、10年間の変化を障がい当事者や家族、企業や職場、支援者の三つの側面から調査結果をもとに報告いただきました。当事者や家族の変化としては、就労への意欲や意識の高まりが見られました。企業や職場の変化については、企業の社会的責任(CSR)や法令順守(コンプライアンス)以外の障がい者雇用のメリットが再確認されることにより、障がい者雇用が増加していることが報告されました。支援者についてはジョブコーチ支援が広く知られるようになり、当事者の職業準備性を重視する考え方が、環境調整や人的資源を重視する考え方に変化していることが説明されました。これからの展望としては、国連障害者権利条約の批准に向けて職場における合理的配慮を具体化していくことや、地域における就労支援のマネジメントが重要とお話しいただきました。
 
三番目の講演では、横河電機株式会社人事企画部平田裕美子氏より「企業における障がい者雇用」についてお話いただきました。横河電機株式会社及びグループ会社における障がい者雇用は1992年より取り組みが始まり、2011年6月1日現在で雇用率が横河電機は2.06%、グループ算定は2.25%になり、1993年より継続して法定雇用率を達成、超過していると報告をいただきました。障がい者雇用推進のための取り組みとして、バリアフリーなどの社内整備や所属先での個別の工夫や対応、状況確認や相談への対応などを行っており、配慮すべきことは人それぞれなので、当事者から意向を伝えてもらうようにしているというお話がありました。また、グループ各社での知的障がい者の雇用状況や、1999年に設立した特例子会社(横河ファウンドリー株式会社)での業務内容、さらにはメンタルヘルスの推進として行われているEAP(Employee Assistance Program)など、企業における幅広い取り組みをご紹介いただきました。

最後に、武蔵野市障害者就労支援センターあいると三鷹市障がい者就労支援センターかけはしから開設後5年間の報告と、就労している登録者からの体験発表を行いました。
あいるは10月末で登録者が234名に増加し、約5割が精神障がいの方で最も多くを占め、近年は発達障がいの方が増えているということでした。現在力を入れていることとしては、職場体験実習先の企業開拓、市役所内の職場実習、ネットワーク会議の開催などがあげられました。あいる登録者の発表は、そろそろ就職後1年になる発達障がいの方でした。あいると出会うまでの困難や就職までの道のりを自らの思いを含めて率直に誠実に語っていただき、この間のご本人の頑張りやあいるの支援を会場全体で共有、共感することができたようでした。
かけはしは9月末な言い方に変えることができる「クッション言葉」の言い方を練習して、日常のコミュニケーションに役立てることを目的としました。
はじめに田川氏から、言葉の使い方や言う時の態度によって返ってくる相手の反応が違うことや、「すいませんが、今お時間よろしいですか?」などの相手の状況を配慮した「クッション言葉」についてレクチャーがありました。よいコミュニケーションは、相手を見ることや明るい表情ではっきり大きな声で話すこと等がポイントであると説明がありました。
続いて2つのグループに分かれて、ウォーミングアップの後、「クッション言葉」を使った5つの場面のシナリオを使って、各グループでロールプレイを行いました。職員の方にもグループに入っていただき、皆さんがロールプレイでよかった点を積極的に出してもらいました。明日から実際に使えるような、よい練習ができたようです。
ご参加いただいた皆さん、お手伝いいただいた同行の職員の方々、どうもありがとうございました。
最後にご参加いただいた方々の感想をご紹介します。
・堅苦しい話ではなく、楽しかった。ためになった。
・初めて参加した。勉強になった。
・仕事をしているときに、普段使える練習ができた。役立つと思う。
・立場を変えていろいろロールプレイができてよかった。
・通所施設に持ち帰って、皆さんと共有したいと思う。
・会社でもクッション言葉を使って、しっかり仕事をしたい。
・緊張していたが、クッション言葉を学べてよかった。
・ロールプレイをすると緊張することが分かった。忘れずにやっていきたい。
・言いづらいことが、クッション言葉で言いやすくなった。
・一人一人の人が一生懸命勉強していて、よかった。
・人前で言葉にして出すのは緊張したが、楽しかった。
・いろいろな人と話ができて、面白かった。
・2時間集中できた。職員さんの雰囲気作りで緊張がほぐれた。実行できるといい。
・他の方の練習を見ても学ぶことが多かった。個性がわかってよかった。
・ロールプレイで大事なことを学ばせてもらった。笑顔を作るのが苦手だが、作れるようにしたい。
・声かけやクッション言葉、名前を呼び合うことの大事さを学んだ。
・楽しかったです。ありがとうございました。
・いろいろ考えて言ったり、難しいところあるが、やれるところもあると思う。
・いろいろ言葉が難しかったけど、はっきり言えなくても表情をうまくするといいとわかった。
・おろそかになりがちな言葉をもらった。お土産になった。
・練習を何回もして自信がついた。周りの人のを見て参考になった。強化された。
・コミュニケーションは好きだが、大人数は久しぶりで楽しかった。学んだことを作業所でも生かして、活用したい。
・人前で意見を言うのは苦手だが、今日は経験を積んで自信になった。実践してみたい。
・人とのコミュニケーションの仕方がよくわかった。
・声かけの仕方を勉強できてよかったです。