• ホーム
  • 支援のご案内
  • かけはしの運営団体
  • 情報公開
  • 企業・事業所の方へ
  • 最新ニュース
  • リンク集

2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月

2012年12月
12/13
12/13

2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2007年12月
2007年10月
2007年09月
2007年08月

 

ふりがなをふる

2012/12/13

かけはし 2012年11月のご報告(2012年11月30日現在)

 

かけはし 2012年11月のご報告(2012年11月30日現在)
1.ご登録者以外のご相談の延べ件数  37件

ご本人 26件   ご家族 1件    企業 2件  関係機関 14件

2.ご登録者
 1)ご新規  3名
  (精神障がい 2名 知的障がい 0名 身体障がい 1名  ) その他障がい 0名 重複障がい 0名
 2)総数  223名
  (1)障がい種別の内訳:精神障がい 106名 知的障がい 71名 身体障がい 28名  
※重複 18名
  (2)支援段階別の内訳:就職準備支援 98名  求職活動支援 28名  職場定着支援 97名

 3)支援内容別件数
  (1)職業相談  227件
    求職前23件
    求職中75件
    職場定着129件
  (2)就職準備支援(求職前) 101件
    情報収集・アセスメント 16件
    情報提供 16件
    他機関同行・訪問 21件
    職業準備性向上のためのプログラム 0件
    職場見学 0件
    その他(連絡・調整等) 48件
  (3)就職準備支援(求職中) 91件
    求人情報提供・収集(ハローワーク同行含む) 13件
    面接同行 2件
    職場見学 1件
    その他(連絡・調整等) 75件
  (4)職場開拓 0件
  (5)職場実習 13件
    体験のため 11件
    就労のため 2件
  (6)職場定着支援 107件
    職場訪問 28件
    その他(連絡・調整等) 79件
  (7)離職支援 1件
    相談 1件
    その他(連絡・調整)0件

  (8)生活支援 55件

3. 関係機関への求人情報提供6回

4.かけはし主催プログラム
*障がい者の就労を考えるつどい(11月2日)
 117名の方にご参加いただきました。詳しくは最新ニュースをご覧ください→http://kakehashi.gr.jp/news.php?y=2012&m=12&id=1355384822

*夕食会(11月16日)
 登録者13名の方にご参加いただきました。

5.新規就職者( 1名    2012年度累計  9名)
@その他サービス業・技術職(1日8時間・週5日)

ふりがなをふる

2012/12/13

「障がい「者の就労を考えるつどい2012 就労へのトライアングル〜当事者・企業・支援機関の協働〜」のご報告

 

「障がい者の就労を考えるつどい2012 就労へのトライアングル〜当事者・企業・支援機関の協働〜」のご報告

 11月2日(金)、三鷹市・武蔵野市・ハローワーク三鷹の3所合同開催で「障がい者の就労を考えるつどい2012 就労へのトライアングル〜当事者・企業・支援機関の協働〜」を武蔵野スイングホールにて行いました。合同開催は今年で5回目になります。
 今回のつどいは、企業での就労を継続するために、当事者、企業、支援機関の三者が「協働のトライアングル」を作っていくことが重要になる、というテーマで企画しました。ハローワークからの報告と二組の実践報告から、職場定着支援における三者の協働のあり方について学びました。当日は当事者、ご家族、企業の方々や、福祉・医療・教育・行政関係から117名の方々にご参加いただきました。

 開会にあたり、邑上守正武蔵野市長、清原慶子三鷹市長よりご挨拶をいただきました。邑上守正市長からは、武蔵野市が翌日に市政誕生65年を迎えること、来春から障害者雇用率制度が2.0%になることを受け、今後も前進していかなければならない、というお話をいただきました。清原慶子市長からは、今回のテーマである「トライアングル」という言葉を受け、「ハローワークと武蔵野市と三鷹市の協働」と「当事者と企業と支援機関の協働」で障がい者の就労支援を重ねてきたこと、障がいがあっても働いたことの対価としてきちんとお金がもらえる社会を実現することが重要である、というお話をいただきました。

 つどい前半では、ハローワーク三鷹専門援助第二部門統括職業指導官の畠山くみ子氏より「ハローワーク窓口からみた障がい者雇用の現状」についての報告がありました。まず、障害者雇用率制度は平成25年4月より民間企業で1.8%から2.0%に上がること、障害者雇用納付金制度の対象が、平成27年4月より100人を超え200人以下の会社、事業所に拡大されるという説明がありました。次に雇用状況については、民間企業における障がい者の雇用状況は年々少しずつ伸びてきていること、都内やハローワーク三鷹管轄内では精神障がいの方が年々増えてきていることをご報告いただきました。障がい者雇用を進めるためには、労働・福祉・教育の行政や関係機関が連携して支援ネットワークを形成することにより、企業の障がい者雇用に対する不安や負担感が解消されることから、「チーム支援」が大変重要であるというお話をいただきました。

 後半は、「実践報告とディスカッション」です。最初に総論として「当事者・企業・支援機関の協働による就労支援」というテーマで、東京障害者職業センター多摩支所の主任障害者職業カウンセラー田川恭子氏よりお話をいただきました。就職はゴールではなく「働き続ける」ためのスタートであり、「働き続ける」ため、また企業は「雇い続ける」ため、当事者・企業・支援機関の協働での支援が大切であるとのお話をいただきました。
 次は企業からの実践報告です。一社目はアフラック・ハートフル・サービス株式会社です。事業統括部長\じぎょうとうかつぶちょう-->の菅泰男氏からは、チャレンジド社員(障がい当事者社員)の推移について、2009年の創業時に5名であったのが現在では53名(新卒6名)であり、雇用率は2.0%を超えているとの報告をいただきました。また、業務のローテーションにより社員にスキルアップを意識してもらうことに努めているというお話がありました。次に、業務推進課指導員の白幡奈央氏より、日々の業務の実際をお話いただきました。定着支援の取り組みでは、日報や目標設定の振り返りなど日々の取り組みの他に、研修や表彰、様々なプロジェクト活動など年間を通しての取り組みも行っているということです。次に当事者社員の方と武蔵野市障害者就労支援センターあいるの職員より、地域の社会資源を活用して就労の準備に取り組んだ様子を報告いただきました。作業所で3年間生活リズムを整え、体力をつけ、その後別の作業所に移り、働くことに重点をおいて、報告・連絡・相談やビジネスマナーの習得に努められたということです。あいるでは職場体験実習を経て就職活動を行い、アフラック・ハートフル・サービス株式会社の面接では「どうしても入社したい」という熱意を伝えたこと、実習中は守衛さんやまわりの人に明るく挨拶をすることを心がけたことをお話いただきました。入社してからは作業所で慣れていた作業の他に、様々な仕事が増えてきたことを笑顔でお話され、最後に就労を目指しているみなさんへと題してメッセージをいただきました。「作業所で5年半がんばって課題を習得しました。みなさんもあきらめずにぜひがんばってください」という力強い言葉に勇気をいただいた方々も多かったのではないかと思います。
 二社目は、シダックスオフィスパートナー株式会社からの実践報告です。最初に業務部リーダーの関根要二氏より事業概要や基本理念についてお話がありました。2011年特例子会社を立ち上げ、当初は社員が23名(うち障がい者20名)であったのが、2012年10月には52名(うち障がい者46名)になった、との報告がありました。次に、実際に指導にあたっている事業部指導員の佐藤功晃氏より、当事者社員の所属する部署の業務内容や雇用管理で心がけていることをお話いただきました。分からないことはすぐに聞いてもらうようにしていることや、月に1度の面談で気になったことはすぐに取り上げ解決していくというお話を伺いました。次に当事者社員の方からは、クローズ(障がいについて会社に伝えない働き方)とオープン(障がいについて会社に伝える働き方)の両方で働いたことのある経験から、それぞれのメリットとデメリットをお話いただき、ご自身はオープンでの働き方を選択し支援機関を活用して就職した経緯をお話いただきました。最後に三鷹市障がい者就労支援センターかけはしの職員が、当事者社員の方と佐藤氏にインタビューをしながら、どのように協働の関係を作っていったのかをお聞きしました。当事者社員は当初、自分から相談をすることが難しかったため業務日誌を活用したこと、月に1度の面談を通して職場での人間関係を築き、徐々に自分から話しかけられるようになって仕事がやりやすくなったことなどを笑顔で報告していただきました。
 
 二社の実践報告の後はディスカッションが白熱したため、質問の時間が少なくなってしまったことが残念でした。

 最後に、三鷹公共職業安定所所長の小山雅之氏より閉会のご挨拶をいただきました。あっという間の3時間で、特に実践報告での働くご本人の話は説得力があったことや、企業・支援機関・当事者のトライアングルによって就労の輪が広がっていくよう障がい者の雇用の推進に努めていきたい、というお話をいただきました。

 当日はたくさんの方にお越しいただき、多くの方々にご協力を賜りまして、ありがとうございました。また、ご後援をいただいた武蔵野商工会議所様、三鷹商工会様、武蔵野市民社会福祉協議会様、三鷹市社会福祉協議会様には広報活動にもご協力いただき、誠にありがとうございました。

 参加した方からはアンケートのご回答をたくさんいただきました。一部をご紹介します。
・事業所も支援機関とともに工夫してきたということが大変よくわかりました。
・特例子会社ではなく、単体企業で実施している取り組みが知りたい。
・働いている人の声が特に参考になりました。
・企業が障がい者雇用に対する意識が変わってきていることを感じ、将来に希望が持てました。

 皆様からのご意見を参考にさせていただき、来年もご期待に応えられるような「障がい者の就労を考えるつどい」を開催してまいりたいと思います。