• ホーム
  • 支援のご案内
  • かけはしの運営団体
  • 情報公開
  • 企業・事業所の方へ
  • 最新ニュース
  • リンク集

2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月

2015年08月
8/10
8/10

2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2007年12月
2007年10月
2007年09月
2007年08月

 

ふりがなをふる

2015/08/10

かけはし 2015年7月のご報告(2015年7月31日現在)

 

かけはし 2015年7月のご報告(2015年7月31日現在)
1.ご登録者以外のご相談の延べ件数  49件

ご本人 31件   ご家族 5件    企業 1件  関係機関 12件

2.ご登録者
 1)ご新規  3名
  (精神障がい 1名 知的障がい 1名 身体障がい 1名 重複障がい 0名  難病0名 高次脳機能障がい 0名)
 2)総数  276名
  (1)障がい種別の内訳:精神障がい 113名 知的障がい 116名 身体障がい 20名 重複障がい 15名 高次脳機能障がい 10名 難病2名
  (2)支援段階別の内訳:就職準備支援 27名  求職活動支援 13名  職場定着支援 132名

 3)支援内容別件数
  (1)職業相談  264件
    就職前71件
    就職後193件
  (2)就職準備支援(求職前) 19件
    情報収集・アセスメント 3件
    情報提供 3件
    その他(連絡・調整等) 13件
  (3)就職準備支援(求職中) 34件
    求人情報提供・収集(ハローワーク同行含む) 0件
    面接同行 2件
    その他(連絡・調整等) 32件
  (4)職場開拓 0件
  (5)職場実習 1件
    体験のため 1件
    就労のため 0件
  (6)職場定着支援 104件
    職場訪問 22件
    その他(連絡・調整等) 82件
  (7)離職支援 8件
    相談 6件
    その他(連絡・調整)2件

  (8)生活支援 77件

3. 関係機関への求人情報提供9回

4.かけはし主催プログラム
*会社見学会(7月9日)
 13名の方にご参加いただきました。詳しくは最新ニュースをご覧ください。
*夕食会(7月17日)
 登録者12名の方にご参加いただきました。

5.新規就職者( 1名    2015年度累計  7名)
@医療・福祉/保育補助・清掃(1日4時間・週5日)

6.はたらく体験学習( 2名    2015年度累計  5名)
@事務補助(1日2時間・3日間)
A軽作業(1日3時間・9日間)

ふりがなをふる

2015/08/10

第5回かけはし企業見学会

 

 株式会社サンドラッグ・ドリームワークス国立事業所を見学

 2015年7月9日(木)、第5回「かけはし企業見学会」を実施しました。今回の見学先は株式会社サンドラッグ・ドリームワークス国立事業所で、三鷹市内の通所施設に通所中の当事者の方9名、施設職員4名、かけはし職員3名の総勢16名でうかがいました。
 株式会社サンドラッグ・ドリームワークスは2011年2月に設立され、翌2012年2月に株式会社サンドラックの特例子会社として認定されました。
 「生きがいのある、働きがいのある、夢のある職業生活の場」をスローガンに掲げ、現在、障がいのある方が48名働いています。事業所は東府中本部と国立事業所の2か所で、今回訪問させていただいた国立事業所では伝票処理・備品出荷事業、白衣管理事業、ショーカード発行事業という3つの事業を担っています。

■ サンドラッグの店舗に掲示される多種多様なショーカードを製作
 時おり雨のぱらつく空の下、最寄り駅のJR南武線矢川駅から約20分歩いていくと、多摩川沿いの住宅街の中にドリームワークス国立事業所はありました。サンドラッグの配送センターが昭島に移転したため、そのスペースを活用してドリームワークス国立事業所が設立されました。事業所に入る扉には、私たちのために「ようこそ、見学においでくださいました」という手書きのメッセージがあり、大勢での見学にもかかわらず温かく迎えていただけることをとてもうれしく感じました。
 最初に、株式会社サンドラッグ・ドリームワークス管理部総務・人事課兼フィールドマネジャーの林様から、会社の概要について説明いただきました。設立に至るまでの経緯や、東府中の同社本部では事務・伝票処理、清掃、店舗清掃の3つの事業を行っていることなどをうかがいました。
 その後、ショーカード発行事業の現場責任者の土田様から、作業の詳しい説明を受けました。現在、障がいのある20名の方々が働いていらっしゃいます。ショーカードというのは、全国720店舗あるサンドラッググループの店舗で使用される商品の価格や紹介、ポスターなどの販売促進物のことです。ショーカードは商品の数だけ種類があり大きさも様々、セールによって価格が変更されることも度々あります。また、ポスターは大きなものもあり、製作されているカードの種類は多種多様です。
 作業工程は大きく6つに分けられており、@パソコンにデータとしてあるショーカードを印刷、A余白を取り除き掲示する大きさにする裁断、B裁断されたカードを種類ごとに仕分け、C仕分けしたものを店舗ごとのカゴにまとめる配達、D各店舗からのオーダー表と付け合わせてカードを確認する検品、E検品が終了したものを店舗に送るために袋に詰める梱包と、進められます。

■ プロとしての誇りと責任感を持っている社員の方々
 店舗からの注文を受け納品するまでの期間は1週間程度と短いので、各作業には正確さとともにスピードが求められています。
 同社では、実際に作業を担当している方の作業量を記録することで実状を把握し、その上で目標時間を設定しています。例えば梱包ならば1人当たり1時間で20袋を目標として、担当者はそれぞれ作業をしながら記録をつけます。達成に向けて職場全体で着実に努力されている姿勢が伝わってきました。
 裁断は最も熟練を必要とする作業で、5台ある裁断機を担当されているのは就労されて3年ぐらいの方々でした。鋭利な刃先が使用されているので、機械が稼働している時にはランプが点灯、片手で作業しても作動しないといったハード面での工夫に加え、裁断機のあるスペースには立ち入れないように柵を設けるなど、安全面に十分配慮がなされていました。
 新しく入った方は仕分けから始めて配達、検品、裁断と業務を習得されていくそうですが、決まった方がどこかの工程だけを専門に担当するということではなく、持ち場の作業が終わったら別作業を担当し、納期までに仕事を終えるため職場全体でローテーションを組み効率よく仕事を進めていました。
 参加者の方々は、疑問に思った点を働かれている方に直接うかがう時間をいただいて、それぞれ熱心に、実際の仕事の内容や働いてみた感想などを質問していました。
 「サンドラッグへ行ってショーカードを見ると、自分の作ったものだと思ってうれしくなります。」と、障がいのあるスタッフの方が笑顔で誇らしく話していたのがとても印象的でした。

■ 忙しくても笑顔を忘れないがモットー、1人1人の力を大切に育む職場
 最後に、参加者の方々から林様に質問する機会をいただきました。
 採用までの流れ、通勤時の服装、就業時間と残業時間などの質問や、「この仕事は大変そうだと思いました。頑張ってやりたいと思いますが、まだできるかわかりません」などという感想がでました。
 林様からは、不安に対して「今働いている人も、みんな始めはできなかったんです。大丈夫、みなさんもきっとできますよ。」という力強いメッセージに加え、実際に活躍されている社員の方のお話を聞かせていただきました。重度の障がいがあるスタッフが熟練度の必要とされる裁断業務を行っていることをうかがって、1つ1つの作業の手順や内容を明瞭にすることや、色分けの工夫によるミスの防止策、工程全体の効率的なシステムなどによって、作業を習得しやすく熟練度を上げていくことが可能になっていると思いました。
 職場のホワイトボードにはミーティングの課題が書かれていて、1人の課題をみんなの知恵で解決していっている様子も伝わってきました。
 「締め切りが近づいている時はピリピリした雰囲気になることもあります。」という土田様のお話でしたが、見学した日の印象はとても和やかな雰囲気の職場でした。「どうせやるなら、『仕事は楽しくやろう』といつも言っているんです。」と林様はおっしゃっていて、「忙しくても笑顔を忘れない」というモットーも休憩室に掲げられていました。ショーカードの品質や納期遵守にこだわりつつも楽しく仕事をしようという姿勢を強く感じ、個人が能力を伸ばし、人を育てていく力のある職場だと思いました。
 最後になりましたが、今回の見学会を快くお引き受けいただいた株式会社サンドラッグ・ドリームワークスの管理部総務・人事課兼フィールドマネジャー林様と、国立事業所のみなさまに心からお礼を申し上げます。

◎ 株式会社サンドラッグ・ドリームワークス
   https://www.sundrug.co.jp/company/group/dw.html

 以下、参加者の感想をご紹介いたします。
・自分の一般就労のイメージと全く違いました。障害のある方がスタッフとして大勢働いていたので驚きました。
・働いている皆さんが責任感を持って、不安なく、ご自身の仕事を理解して働いていると感じました。やり方が統一されており、環境が整えられていると思いました。
・見学できて、おもしろかったです。
・すごく一生懸命、丁寧にお仕事していたことと、メモ帳を確認しながらやっていたことが印象に残りました。

写真1

写真2

写真3


(写真はクリックすると拡大表示します。)