• ホーム
  • 支援のご案内
  • かけはしの運営団体
  • 情報公開
  • 企業・事業所の方へ
  • 最新ニュース
  • リンク集

2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月

2016年12月
12/ 9
12/ 9

2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2007年12月
2007年10月
2007年09月
2007年08月

 

ふりがなをふる

2016/12/09

「障がい者の就労を考えるつどい2016」を開催しました。

 

「障がい者の就労を考えるつどい2016」
〜改正障害者雇用促進法施行から1年目〜
だれもが働きやすい職場づくりのために 合理的配慮の今と明日を考える」
のご報告

 11月8日(火)、三鷹市・武蔵野市・ハローワーク三鷹の3所合同開催で「障がい者の就労を考えるつどい2016」を武蔵野スイングホールにて行いました。合同開催は今年で9回目になります。
改正障害者雇用促進法が2016年4月に施行され、障がい者の雇用における差別の禁止、合理的配慮の提供が義務づけられました。昨年度は、差別や合理的配慮がそれぞれ具体的にはどのようなことか、企業や支援機関に何が求められるか、などについて取り上げました。今年は更に理解を深めるため、行政報告、ユニバーサルな視点からのご講演、実践報告、当事者発表を行いました。

開会にあたり、武蔵野市長、三鷹市長よりご挨拶をいただきました。武蔵野市の邑上守正市長、三鷹市の清原慶子市長とも公務出張でしたので、ご挨拶のメッセージをいただきました。

【行政報告 「障害者雇用の現状と改正障害者雇用促進法1年目の概況」】
 はじめに、ハローワーク三鷹専門援助第二部門、藤岡茂樹氏より行政報告がありました。まず、障害者雇用の現状については、東京における障害者雇用率の達成企業は32.1%で全国の47.2%より低いこと、達成割合は大企業が高く中小企業では低いこと、東京の1000人未満規模の達成割合が全国と大きく乖離していること、東京の障害者新規求職申込件数と就職件数とも平成26年度以降精神障害者の割合が他の障害より多くなっていること、精神障害者の雇用は増加しているが全体の8.1%にとどまり取り組みの強化が必要であること、との報告がありました。
 次に改正障害者雇用促進法に関して、改正の経緯や概要、障害者差別と合理的配慮の指針、苦情処理・紛争解決援助についての説明の後、相談事例の紹介がありました。雇用における障害者の差別の禁止・合理的配慮提供の推進のためには、障害のある労働者、企業、関係機関が良好な関係を築くこと、そのためには労働者と企業が相互理解をして相談しやすい関係性を作ること、関係機関は労働者と企業双方への支援や連携を充実させることが重要と説明がありました。

【講演 「誰にとっても働きやすい職場づくり〜障がい当事者、企業、支援機関に求められる役割とは?〜」】
 次に、東京家政大学教授上野容子先生よりご講演をいただきました。先生は社会福祉法人豊芯会の理事長でもあり、1970年代後半から精神障がい者の地域生活支援や就労の場づくりに携わってこられたご経験からお話をしていただきました。
 まず、働く意味について、生活の糧を得ることだけでなく、社会参加やリカバリーであり、重要な基本的人権のひとつである、との説明の上で、改正障害者雇用促進法において障がい者や事業主、行政の役割がどのように規定されているか、解説いただきました。また、雇用や就労支援で重要な概念として「アクセシビリティ」について、集団(誰にでも)を対象とした近づきやすさ、アクセスしやすさのことで、サービスや交通の利用しやすさ以外に、施策や助成制度などを支障なく利用できるよう迅速に情報提供をすることも重要と、お話がありました。
 次に、障がい者の雇用状況と就労系福祉サービスの利用状況の説明がありました。就労継続A型の平均賃金が下がり、就労継続B型で工賃が上がっているという傾向があり、多様な障がいのある方々が多様な目的で利用している現状を報告いただきました。また、企業就労に結びつくためには、障がい者本人に働くモチベーションがあること、支援機関が本人サイドに立った支援をすること、職場の受け入れ体制があること、が必要であり、障がい特性をマイナスととらえず、特性を活かすことのできる業務を切り出すことが大事と話されました。
 最後に、新しい就労支援としてソーシャルファームについて紹介いただきました。これは、労働者と労働形態の多様化と、社会的な目的をもった第三の職場であり、障がい者以外にも就労が困難な様々な人たちでお互いの強みを生かし合い、補い合って事業を発展させる職場で、誰にとっても働きやすい職場づくりの一つの形として説明がありました。
 
【企業からの実践報告 株式会社グリーンハウス】
 実践報告の最初は、企業における障がい者雇用の取り組みとして、株式会社グリーンハウスの理事本間英士様より報告をいただきました。
 まず70年になる会社の歴史と「食を通した健康経営の実践」のご紹介、会社におけるダイバーシティ推進への取り組みとして、女性の活躍推進や障がい者施設との協力の事業の説明がありました。障がい者雇用は2012年から体制づくりを始め、雇用率(2016年3月現在)は2.17%に達しているとのことでした。
 次に、障がい者雇用の体制づくりを紹介いただきました。「働き易い職場環境を整え、なくてはならない人に」という考え方のもとに、採用の基準や面談時の留意点、サポート体制、トラブル時の対応などを整えていることが分かりました。事例も紹介いただきましたが、早く状況確認をすること、決めつけずに現場で確認をすること、できることに着目してわかっていないことを見つけることなど、合理的配慮の提供に至るまでの丁寧なプロセスを報告いただきました。
「人に喜ばれてこそ会社は発展する」という社是をご紹介いただきましたが、多様な方々が個性と能力を生かして会社に貢献できるように、体制づくり、組織づくりに取り組んでいることが分かりました。

【武蔵野市障害者就労支援センターあいるからの実践報告】
 武蔵野市障害者就労支援センターあいるからは、発達障がいの当事者の方から報告をいただきました。「発達障害の受診前後での障がい理解の変遷」「就職のために利用した機関」「働くうえで難しいと感じたこと」「働くうえで達成感や自信を見出したこと」「入社前後の違い」というテーマで、プロセスに沿って自分自身の変化や感じたこと、気付いたことを紹介いただきました。ご自身の経験から、会場の皆さんに就労に向けての多くのアドバイスを提供いただきました。

【三鷹市障がい者就労支援センターかけはしからの実践報告】
 三鷹市障がい者就労支援センターかけはしからは、知的障がいの当事者の方から報告をいただきました。退職を機に職業評価とトレーニングを受けることで、自分自身の長所や短所、職場にお願いしたい配慮事項を整理することができたと報告がありました。就職活動ではすぐに結果が出なかったですが、自分自身が仕事に求めることを再確認することで、現在の会社に就職することができたとのことです。まとめに、就労を目指す皆さんに応援のメッセージを送っていただきました。

質疑応答、ディスカッションでは上野先生の進行で、演者の皆さんと会場の皆さんとでやり取りができ、さらに理解を深めることができました。

 最後に、三鷹公共職業安定所の坂田敦子所長より閉会のご挨拶をいただきました。

 当日は120名の方々にお越しいただき、開催にあたっては多くの方々にご協力を賜り、心から感謝を申し上げます。また、ご後援をいただいた武蔵野商工会議所様、三鷹商工会様、武蔵野市民社会福祉協議会様、三鷹市社会福祉協議会様には広報活動にもご協力いただき、誠にありがとうございました。

 参加した皆様からはアンケートのご回答をたくさんいただきましたので、ご意見を参考に、来年も期待に応えられるような「障がい者の就労を考えるつどい」を企画したいと思います。

写真1

写真2

写真3


(写真はクリックすると拡大表示します。)

ふりがなをふる

2016/12/09

かけはし 2016年11月のご報告(2016年11月30日現在)

 

かけはし 2016年11月のご報告(2016年11月30日現在)
1.ご登録者以外のご相談の延べ件数  55件

ご本人 19件   ご家族 4件    企業 4件  関係機関 28件

2.ご登録者
 1)ご新規  6名:精神障がい 4名 知的障がい 1名 高次脳機能障がい 1名
 2)総数  281名
  (1)障がい種別の内訳:精神障がい 119名 知的障がい 124名 身体障がい 13名 重複障がい 14名 高次脳機能障がい 10名 難病1名
  (2)支援段階別の内訳:就職準備支援 94名  求職活動支援 22名  職場定着支援 165名
 3)支援内容別件数
  (1)職業相談 218件
    就職前 39件
    就職後 179件
  (2)就職準備支援(求職前) 33件
    情報収集・アセスメント 3件
    情報提供 4件
    その他(連絡・調整等) 26件
  (3)就職準備支援(求職中) 43件
    求人情報提供・収集(ハローワーク同行含む) 4件
    面接同行 7件
    その他(連絡・調整等) 32件
  (4)職場開拓 0件
  (5)職場実習 5件
    体験のため 4件
    就労のため 1件
  (6)職場定着支援 177件
    職場訪問 37件
    その他(連絡・調整等) 140件
  (7)離職支援 17件
    相談 3件
    その他(連絡・調整)14件
  (8)生活支援 64件

3. 関係機関への求人情報提供 1回

4.かけはし主催プログラム
 *障がい者の就労を考えるつどい
 155名の方にご参加いただきました。
 *夕食会(11月18日)
 登録者14名の方にご参加いただきました。

5.新規就職者( 3名    2016年度累計  14名)
 @その他・軽作業(1日6時間・週5日)
 Aその他・庶務・総務(1日7時間・週5日)
 Bその他・軽作業(1日3.5時間・週5日)